低身長症の治療経過【息子9歳7ヶ月】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

成長ホルモン分泌不全性低身長症でホルモン補充治療を行なっている息子の治療経過です。

3ヶ月に一度病院で診察を受けた際の身長・体重と担当医師からの話、息子の日々の変化など書いています。

現在同じ治療を受けているご家庭の方や、これから治療を受けるかもしれない方々の参考になれば幸いです。

ぜひ最後まで読んでください!

目次

出生児〜現在までの成長記録

これまでの記録です。一番下が今回の受診時に測定した身長と体重です。

年齢
(歳;月)
身長
(cm)
身長SD値平均身長体重
(kg)
体重SD値
048.0-0.5 3.020.0
0;152.0-0.753.53.65-1.2
0;360.9-0.261.45.91-0.5
0;665.8-0.867.87.56-0.4
0;1071.7-0.472.88.33-0.8
1;474.2-1.778.79.11-1.0
1;675.3-1.980.59.07-1.4
2;078.3-2.485.49.80-1.6
3;085.0-2.493.311.55-1.4
4;092.2-2.1100.211.90-2.4
5;097.3-2.2106.713.20-2.5
6;5104.7-2.4116.713.50-4.2
7;0108.4-2.2119.615.76-3.0
7;4109.5-2.4121.516.25-3.0
7;10112.3-2.3124.416.25-3.5
治療開始7;11112.3-2.4125.316.65-3.6
8;0113.8-2.2125.317.58-2.9
8;1114.3-2.2125.817.90-2.7
8;4116.6-2.0127.217.90-3.0
8;7118.2-1.9128.618.80-2.7
治療1年経過8;10120.0-1.8129.919.60-2.5
9;1122.0-1.7131.321.10-2.0
9;4124.3-1.5132.721.50-2.1
9;7125.0-1.6134.121.90-2.1

9歳7ヶ月時点での息子の身長は125.0cmで平均身長に対して-1.6SD、体重は21.90kgで平均体重に対して-2.1でした。

平均身長は前回受診時から1.4cmの増加ですが、息子の身長は3ヶ月前から0.7cmの伸びに留まっています。

今回は平均身長の成長率よりも息子の成長率が下回っていました。

最近は3ヶ月ごとに2cm前後身長が伸びていたので、これだけ伸びなかったのは久しぶりです。

体重は最近3ヶ月ごとに0.4〜0.5kg増加していっています。

平均体重に対するSD値は前回と同じ-2.1ですが、体重の増加率は最近このくらいですね。

月齢ごとの平均身長については、 JCRファーマ株式会社「子どもの成長ホルモン治療」のサイト内にある成長曲線自動作成プログラムで計算される数値を用いています。

続いてグラフを見てみましょう。

緑色の点が今回の数値です。

身長のプロットは最近ずっと右肩上がりで推移していましたが、今回は伸び率が低いのが一目で分かります。

成長曲線の作成は、「すくすく成長曲線」というアプリを使わせてもらってます!

下のリンクから、App StoreとGoogle Playでダウンロードできます。

成長ホルモン投与量

診察の先生から「この3ヶ月も0.55mgのままでいきましょう」と言われました。

先生から、息子の身長伸び率が低いことに関して特にコメントはありませんでした。

次回3ヶ月後の数値でも身長の伸び率があまり高くなければ、こちらから先生に相談してみようと思います。

息子の変化

食欲・食事量

食欲は変化なし、といったところです。

落ちてもいないし、増してもいません。

息子は肉類が好きなので、相変わらず肉料理はバクバク食べます(^^)

お米などの糖質をもう少し多く摂れると良いのかも知れませんね。

食欲が増えない要因には、ここ最近はコロナの影響もあって外で身体を動かす機会が少なくなっているため、お腹が減りにくいというのもありそうな気がします。

一日3食の食事量を増やすことだけではなく、間食を入れて摂取する栄養の総量を増やすことを考えてみても良いかも知れません。

身体つき

なかなか腕や足に肉がついてくる様子はありません。

体重の増加率は最近変わりなく推移しているので、痩せてきているわけではありません。

焦らず経過を見守っていきたいと思います!

血液検査の結果

前回行った血液検査の結果が出ていました。

数値にはどれも異常がありませんでした!

血液検査をすると毎回ALPの数値が高値を示しています。

ALPは「アルカリフォスファターゼ」といって小中学生の成長期には高いのが普通だそうです。

また、成長ホルモン補充治療で甲状腺機能が低下する場合があるそうですが、息子の甲状腺機能は血液検査上で正常を維持しています。

良かったです!

 

 

 

今回は以上です。

 

いかがだったでしょうか?

今回は身長の伸び率が小さかったです。

今回の3ヶ月間の伸び率が次回以降も続くようなら、先生に考えられる理由を聞いてみたいと思います。

次回の成長記録はまた3ヶ月後です!

よかったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる